AGA遺伝子検査の検査内容と信憑性

MENU

AGA遺伝子検査の検査内容と信憑性

AGA代表的な症状例

毛乳頭や皮脂腺の5αリダクターゼ酵素により男性ホルモンの一種テストステロンが変化したものが活性型男性ホルモンDHTです。DHTは毛乳頭のアンドロゲンレセプターと結合して毛母細胞に悪影響を及ぼすTGF-β1という因子を分泌し薄毛を招きます。

 

最近の研究では、5αリダクターゼの活性やDHTの産出量は個人差があり、毛乳頭のDHTに対するアンドロゲンレセプターの感受性が強い人の遺伝子配列に法則がある事が判明しています。

 

特に母方の祖父が薄毛の方は一度、AGA遺伝子検査を受けると、将来のAGA発症の可能性が判るかもしれません。

 

AGA遺伝子検査とは?

 

人間の身体の4種類のDNA塩基(アデニン 、グアニン 、チミン 、シトシン)のうち、アンドロゲンレセプター遺伝子はシトシン、アデニン、グアニンを繰り返す領域(CAGリピート)が多い傾向があります。

 

CAGリピートの回数が少ない遺伝子の持ち主は毛乳頭のアンドロゲンレセプターがDHTと結合しやすくAGAを発症しやすい傾向が強い事が判っています。AGA遺伝子検査は、そのCAGリピート数を数えます。

 

AGA遺伝子検査は病院や美容クリニック、専門機関で行います。検査方法は血液や毛髪を採取するだけで、約1ヶ月後に検査結果が出るので、再度聞きに行く必要があります。

 

費用は15,000円から20,000円以上です。AGA遺伝子検査によって今現在AGAなのかは判りませんが、発症リスクが判るので、早めに予防する事ができます。

 

AGA遺伝子検査の信憑性

 

信頼できる専門機関で行う検査結果ですから信憑性は十分です。しかしCAGリピートの少ない人が必ずAGAを発症するとは限りませんし、CAGリピートが多いからAGAを発症しないとは限りません。

 

AGA発症の遺伝の影響は約70から80%で、遺伝子検査の結果は絶対ではないのです。薄毛の方の全ての原因がAGA遺伝子ではありません。

 

脂っこい食生活を好む食生活、ヘビースモーカーなど生活習慣、睡眠不足やストレスによる血行障害が原因で毛髪の発育が阻害されて薄毛になるケースも多いのです。